TOMAS

和田周

和田周WADA MAKOTO

PROFILE

明治大学理工学部卒業後、講師として勤務。2011年より教務担任を経て現在は課長職。最大規模校舎・自由が丘校のマネジメントを担う主力メンバーとして活躍中。

  • 現在の担当業務について教えてください。

    2年前から教室長として、生徒や保護者の対応だけではなく部下や講師のマネジメントも担当しています。一筋縄には行かず大変ですが、そこが面白い。志望校合格まで生徒を導く上で、部下の活躍は欠かせません。一緒になって今の課題は何か、どうすれば学力が上がるのかを考え、それが叶ったときの喜びは自分一人の目標が達成できたときよりも大きいですね。

  • TOMASでのこれまでの経歴を教えてください。

    もともと人に何かを教えるのが好きだったので、大学生になったら家庭教師や塾講師のアルバイトをしようと決めていました。いくつか採用試験を受けましたが、1対1の個別指導で生徒1人ひとりをじっくり見ることができる点が気に入りTOMASで学生講師として働き始めました。
    そのまま講師の仕事にハマり、学生時代と卒業後のプロ講師の期間、合わせて10年間講師として勤務しました。その後、教務担任に職種変更し、2校舎での勤務を経て現在に至ります。

  • 学生時代はどんな学生でしたか?

    当時はダンスや音楽活動に打ち込んでいました。特に音楽では事務所にも所属しプロのアーティストを目指していた時期もありましたね。やると決めたことにはとことん取り組むタイプでした。

  • 生徒指導で印象に残っているエピソードはありますか?

    ある生徒が、志望校が決まらず相談に来たことがありました。「スポーツに関わる仕事がしたいけどスポーツ科学はちょっと違う」という彼に、シューズの素材の研究者なんてどう? と提案してみました。すると、興味をもった彼は研究環境が整っている学部が東北大にあることを自ら調べ、その後一気に勉強に火が付いて東北大学に合格。担任一年目の忘れられない思い出です。

  • 今後の目標は?

    まずは自由が丘校をもっと成長させていきたいと思います。初の在籍数500名突破をめざしています。そしていずれは、複数校舎を管轄し一人でも多くの部下を育て、グループの発展に貢献していきたいですね。